政治家

樋口高顕(ひぐち たかあき)家族構成や嫁子どもは?学歴経歴もwiki風プロフで紹介!

樋口高顕(ひぐち たかあき)家族・学歴や経歴は?wiki風プロフィール

東京都千代田区長選に、都議会議員の樋口高顕(ひぐち たかあき)さんが立候補しました。

そこでこの記事では、樋口高顕さんについて次の内容をwiki風に紹介!

  • 年齢や出身地などプロフィール
  • 父母兄弟など家族構成は?
  • 結婚している?妻や子どもは?
  • 学歴や経歴は?

小池知事の「愛弟子」ともいわれている樋口高顕都議について、ぜひ最後までご覧ください。

樋口高顕の年齢や出身は?Wiki風プロフィール

ではさっそく、樋口高顕さんのプロフィールをご覧ください。

樋口高顕さんのプロフィール
  • 本名:樋口高顕
    (ひぐちたかあき)
  • 生年月日:1982年8月09日
    (38歳 2021年1月現在)
  • 出身地:長野県
  • 現職:東京都議会議員
    (千代田区選出)
  • 好きな食べ物:
    みかん・お抹茶・和菓子・地元のそば・カレーなど
  • 好きな本:
    司馬遼太郎・京極夏彦・田中角栄本・攻殻機動隊・からくりサーカスなど

樋口さんは、2021年1月現在38歳。

もし千代田区長選に当選すると、東京都23区内で最も若い区長になるということで話題性もありますね。

出身は長野県ですが、子どものころはお父様の仕事の関係で引っ越しばかりだったそうです。

  • 東京(千代田区)
  • 徳島
  • 千葉
  • ロンドンなど

おそばやカレーなど、庶民的な食べ物がお好きなところにびっくりしました。

最初に「みかん」がくるということは、よほどのみかん好き(๑•᎑•๑)

好きな著書も司馬遼太郎から漫画までと、堅苦しい感じがしないですね。

ではそんな好青年を絵に描いたような樋口高顕さんの家族構成はどうなっているのでしょうか?

樋口高顕の父母兄弟など家族構成は?

樋口高顕都議のお父様は、樋口建史(ひぐち たてし)さん。

なんと東京大学法学部卒業で、2011年には警視総監をつとめた超エリート!!

ミャンマー大使をへて、現在は大成建設監査役をされています。

下は、七五三のときの家族写真、お父様も高顕さんもりりしいですね♫

スライドして2枚目ではお母様の美しいお姿も。

下の写真は、徳島に住んでいたころの阿波おどり衣装の写真。

兄弟姉妹に関する情報はありませんでしたが、おとなりは妹さんのようにも見えますね。

お父様は、高顕さんが政治の道に進むのを最初は反対されていたようです。

東京都議会議員選挙の出馬に関して、PRESIDENTの記事では次のように書かれていました。

「父は出馬に反対していましたが、たった一度の人生だからと最終的に認めてくれました。また特定の個人を貶めるべきではないというアドバイスもありました。私は地元の皆さんに寄り添った政策を正々堂々訴えていくつもりです」

引用:PRESIDENT

警察トップともなると政治の内情もつまびらかにわかり、実情を知って息子さんには苦労してほしくないと思っていたのかもしれませんね。

樋口高顕は結婚している?嫁や子どもは?

樋口高顕さんは公式サイトで、ご家族を次のように公表されています。

家族は妻と娘(5歳)

娘さんとの愛らしいお写真をインスタで投稿されているので、紹介しますね。

きっと家に帰ると子煩悩なお父さんなんでしょうね(^^)

樋口高顕の中学高校大学や経歴は?

お父様は東大卒、警視総監までのぼりつめたエリートですが、高顕さんも輝かしい経歴の持ち主です。

中学と高校は

東京都豊島区の巣鴨学園

みんなの高校情報によると、巣鴨高校の偏差値は73。

東大、京大、一橋と名だたる大学に合格者を出している学校です。

そして大学は

京都大学法学部卒業

大学では政治学を学び、部活では茶道部に所属していたそうです。

大学の勉強だけでも大変だと思いますが、同時に小池百合子代議士の地元事務所で4年間、政治活動もされました。

 

学生のころからすでに政治に興味があったんですね。

しかし京大卒業後は、一般企業に就職。

品川の電通国際情報サービス

7年間の営業職や製造業に携わります。

樋口さんは社会人の経験を次のように語っています。

世間知らずの私を鍛えて頂いたお客様、励まして下さった上司や同僚には感謝の思いでいっぱいです。

引用:ひぐちたかあき公式サイト

エリート政治家の道を進むのではなく、大手電通グループとはいえども、会社でもまれたというのは庶民としては親近感がわきます。

7年働いたあと、公や社会に奉仕したいという思いが強くなり、退職。

台湾大学の大学院へ留学

大学では中国や台湾の政治の研究や、日台文化交流をして過ごします。

そして、

2017年の東京都議会議員選挙に千代田区選出で初当選

これまでの活動からいくつかピックアップしてみます。

  • JR飯田橋駅東口の都市基盤整備(混雑や狭さの解消)
  • 豊洲市場の活性化(施設整備、事業者支援)
  • eスポーツ都大会の実現(産業振興)
  • 動物福祉、保護・譲渡猫ボランティアへの支援

樋口さんは、小池百合子都知事が主催する政治塾「希望の塾」を母体とした政治団体、都民ファーストの会に所属しています。

では最後に、千代田区長選出馬についても簡単にご紹介します。

樋口高顕の千代田区長選出馬の理由は?

石川雅己千代田区長の任期満了に伴う区長選に立候補した樋口高顕都議。

石川区長は79歳、5期20年に渡って千代田区のトップをつとめてきました。

もし樋口さんが当選すると、約40歳差の区長の誕生ですね!

樋口さんは立候補した理由を次のようにコメントしています。

「新型コロナウイルス感染拡大で、この1年、大勢の区民の皆さんが大変厳しい状況に直面しておられます。それは命の危険であり、事業や営業の危機です。そんな折も折、百条委員会に端を発する千代田区政の混乱と停滞が長期化しておりました。社会が未曽有の困難にある時に、政治に一番しっかり仕事してもらいたい時に区政が混乱していたわけですから、多くの皆さんが憂慮され、私のところにも“区政はこのままで本当に大丈夫なのか?”といった声が多く寄せられました。“樋口、立つべし!”との叱咤激励をいただくに至り、立候補を決意した次第です」

引用:ヤフーニュース

また政策や意気込みを簡単にまとめてみました。

  • 区長報酬を2割カットし、不退転の覚悟で区政を刷新
  • 子育てや次世代を担う人材に目を向ける
  • 中小事業者や商店の支援のてこ入れ
  • コロナに関して小池知事と緊密に連携し、命を守り地域経済を守り抜く覚悟

樋口さんの政治モットーは、「現場百遍」。

現場に足を運び、現場の声を聞き、息吹を肌で感じながら政治家として何をするべきか考えることを大切にされているそうです。

厳しい時代だからこそ、私たちの声をしっかりくみとってほしいですね。

まとめ

この記事では、代田区長選に出馬した樋口高顕都議についてご紹介しました。

  • 出身地:長野県
  • 年齢:38歳(2021年1月現在)
  • 大学:京都大学卒業、台湾大学に留学
  • 父親:警視総監をつとめた樋口建史氏
  • 家族:妻と5歳の娘さん

投票と開票は1月31日、結果がどうなるのか見守りましょう!