スマホアプリ

LINE VOOMはなんて読む?新機能内容や世間の反応の声も集めました

いつも使っているLINEのアプリを開いたら「ホーム」や「トーク」に並び「VOOM」という新しいタブが表示されて驚いている人も多いのではないでしょうか?

LINE VOOMはラインのタイムラインがリニューアルされた新機能です。

実際には次のような変化が起きています。

  • タイムライン機能が廃止(VOOMに吸収)
    →後継としてLINE VOOMが導入
    →タブが「タイムライン」から「VOOM」に切り替わる
LINE VOOMどうやって読むのかわからない…

LINE VOOMの読み方

LINE VOOMの読み方は「ライン ブーム」です。

VOOMの意味は、ラインの公式ニュースで次のように説明されています。

  1. Video Room
  2. Visual Room
  3. Boom

を掛け合わせた造語で、動画を気軽に楽しみ、新たなトレンドやブームを生み出すという意味。

ラインブームは、いわばLINE版TikTokといえるよ。

なぜなら、次のようなことができるからです。

  • 自分の動画を投稿
  • いろんなジャンルのショート動画を視聴
  • 「おすすめ」に関心が高いジャンルや人気の動画が表示
  • 他人があなたをフォローしたり、あなたが誰かをフォロー

今後は、「LINEマンガ」や「LINE MUSIC」と連携して動画コンテンツを展開していく予定ということ。

LINE VOOMは、Android版LINEのアップデート(11.20.0以降)で2021年11月末日に提供が開始されています。

iPhone版(iOS版)はまだ11.20.0にアップデートできません。そのため、iPhone版は近日公開予定ということになっています。

またYouTubeのように、次のような収益化プログラムがあることも発表されました。

LINE VOOM CREATORS
ライン ブーム クリエイターズ

最近は本当にショート動画がブーム。

大手会社が相次いで仕様を変更や機能を追加して参戦しています。

  • TikTok
  • YouTubeのショート(Shorts)
  • Instagramの「リール」

→LINEの「VOOM」

ショート動画の時代といってもいいのではないでしょうか?

タイムラインからラインブームに変更へのネットの反応

最後に、ラインを使っている人たちは、タイムラインがLINE BOOMに変更になったことへのコメントを集めてみました。

ツイッターでは、全体的にネガティブな意見が多く見られました(汗)

「活用していこう!」というコメントは、企業やビジネスをしている人がメインのよう。

まだ始まったばかりのLINEBOOM、これから人気がでるのかでないのか、気になるところです!