ドラマ

青のSP(スクールポリス)真木よう子×山田裕貴番宣「突然ですが占ってもいいですか?」に出演

青のSP(スクールポリス)真木よう子×山田裕貴番宣「突然ですが占ってもいいですか?」に出演

「青のSP(スクールポリス)」は1月12日からスタートします。

公式ツイッターでも、カウントダウンが始まり盛り上がっていますよ♪

嶋田隆平(藤原竜也)が、学校内警察として配属されいろいろな問題を成敗するドラマなのです。

真木よう子さんは、その学校の国語の教師浅村涼子役。

山田裕貴さんは、生活安全課少年係の三枝弘樹役としてドラマに出演します♪

真木よう子さんと山田裕貴さんが、最近話題になっている番組「突然ですが占ってもいいですか?」に出演していましたので、番組の様子をご紹介したいと思います!!

「突然ですが占ってもいいですか?」と「青のSP」見逃し配信はFODプレミアムだよ

\2週間無料キャンペーン/

FOD公式サイト⇒

山田裕貴出演フジ作品を視聴

▲ 2週間以内の解約でゼロ円! ▲

真木よう子×山田裕貴「青のSP」の番宣で「突然ですが占ってもいいですか?」に出演

最初に「突然ですが占ってもいいですか?」の番組を簡単に紹介!

スゴ腕占い師の手にかかれば、家庭・職場・恋愛・若者の悩みが見えてきます。

新時代を現実的に切り込む、今までにない占いの番組です(^^)

ではさっそくですが、出演された様子をご紹介しますね。

はじまり

スタジオには水野美紀さん、みちょぱさん、なんと木村拓哉さんがいらっしゃいました。

1月中は木村拓哉さんは出演するそうです。

水野「続いては、女優の真木よう子さんと俳優の山田裕貴さんが占ってもらったそうです」

みちょぱ「豪華~」

水野「真木よう子ちゃんは舞台で一緒になったことがあります。魅力的な人だし、めちゃく
ちゃ胸の形綺麗だった!(笑)」

みちょぱ「どこみてんすか?(笑)」

山田裕貴は宇宙人!?

スタッフが真木よう子さんと山田裕貴さんのもとへ。

スタッフ「占いは好きですか?」

山田「好きですね。この番組毎週録画して観てます」

スタッフ「占いは信じる方ですか?」

山田「信じます!信じますか?」

真木さんに聞く山田さん。

真木「未来は自分で変えられると思っている人間なので割と信じてない側かもしれませんね。もしかしたら」

スタッフ「ちなみに今日どんなことを占ってほしいですか?

山田「僕が何なのか知りたいです!!」

真木「わははは(笑)」

山田「僕がいったい何なんだろう!?っていう」

ここで占ってもらう場所へ移動。

今回の占い師は星ひとみさんでした。

星さんの占い方は天星術という占い方です。

天星術とは生年月日・姓名判断・血液型・顔相・手相・など様々な要素を混ぜ合わせた占い方のことです。

星「今の状態、過去がどうだったか、これから先どうなっていくかみさせてもらうんですけど、本名ですか?山田裕貴さんて」

山田「本名です」

星「えっ?」驚く星さん。

星「手相見せて。スゴイね手が。複雑線がスゴイでてる。・・・山田裕貴?」

山田「えっなに俺山田裕貴ですよ」

星「山田裕貴さんだよね?でも山田裕貴さんじゃないの」

山田「ちょっとまって何何何何。

真木「こわいこわい」

星「感情の状態、手相もそうなんだけど3回脱皮している人」

ビックリした表情の山田裕貴さん。

山田「言ってしまえば、自分が分からない人」

真木「うわっうわっ。さっき言ってたじゃん」

山田「そう。自分がわからないです」

真木「自分がわからないって言ってた。すごい」

山田「ちょっと待って震えてきた」

当たりすぎて手が震えてきたようです。

星「言ってしまうと、なんの生き物?」

山田「人間じゃない?」

真木「人間じゃないみたいね・・・ハハ(笑)」

山田「それっていいことですか?」

星「山田さんの星回りが新月タイプといいまして、基本的に芸術性が高くてアーティストの星が入っていて色々とやりすぎてしまう、頑張りすぎてしまう、やりすぎてしまって自分が分からないという星回り」

山田「はいっ」深く頷く山田さんは頷いていました。

ここで真木さんが、

真木「共演者の方の名前を覚えられないなんてないんですけど、山田さんの名前だけ全然覚えられなかったんですよ」

星「言ってしまうと地球外生命体」

山田「えーーーーーー!」

驚愕していました(笑)

山田「俺宇宙人ってよく言われるんですよ」

星「たぶんさ、この人こう思っているとか…」

山田「めちゃくちゃ分かる」

星「この人たぶん俺のこと好きだな嫌いだなとか波動でわかるでしょ」

山田「すぐわかります」

星「特殊生物ですよ♪」

山田「そうなんです。だからわからなくて答えを探したくなる」

星「ここから今いきますよ♪」

ここでいったん山田さんの占いはお休みして真木さんの占いへ!

真木よう子の中身はおっさん?

 

この投稿をInstagramで見る

 

真木よう子(@yokomaki_official)がシェアした投稿

星「一方で真木さんの星回りを天星術でみさせてもらうと下弦の月タイプ。本当にピュアの星っていうのが入っているから、素直・ピュア押しに弱いところがあるでしょ?」

真木「押されたら好きになっちゃいますね」

星「スゴイそれが出てるの」真木さん納得していました♪

星「あーこの人駄目だって思ってもいい人って思っちゃう」

真木「あっでもそうかも。人の悪いところをみないようにするっていう・・・」

星「自分が苦しくなってしまうことを気づくのも嫌だから、まぁいいかと言ってちょっと冷めた淡泊」

真木「ほんとうにまさにその通り。まぁいいかが頭の中の口癖というか、それで自分の中で全部なくしてしまうことによってストレスフリーにしちゃう、っていうのがよくやっちゃう」

星「でも中身おっさんです」

真木「やっぱりそうですか?おっさんいます?」

星「おっさんなんだけど綺麗になってる感じ。でもおっぱい好きでしょ?男の感覚持ってるから」

真木さんはっとしてました!

真木「あっあっ!好き好き!道歩いてる人で今の人綺麗とかおっぱいおっきいとかなっちゃう♪」

星「おっぱい好き。男性の感覚。それでピュアだから」

真木「おっさんでピュア!?」

山田「ワハハハハ!!!」

手をたたいて爆笑していました!

星「手相見せて」

真木さんが手を差し出すと…

星「あっ!めっちゃスケベだね」

真木「うっそっ…」

山田「真木さん。俺どういう顔して聞いていればいいですか」

星「たぶんエロスとかのムンムンするパワーと真木さんが脱いだ時に放つ力っていうのが男の人を魅了してしまう、もう忘れられないっていう気を持っているから」

山田「素敵だそれは」

真木さんは恥ずかしがっていました♪

真木「ここぞっていうときにはその男の人の前で脱げば・・・」

星「いけます!」

真木「やったっ!」

山田「ワハハ(笑)!やったが今おじさんでしたね(笑)」

星「本来ね。真木さんの星回りってもともとの感覚でいうと××区の星が入っているのね」

真木「××区の星?」

星「はい」

真木「えっ待って待って待って。私住んでますよ」

山田「へーすげぇ」

真木「マジでスゴイびっくりした!!」

山田「これはlock-onされてますよ」

星「数字でいくと4丁目の星です」

真木「うーーーこわーい!!」真木さん、当たっているようで大きい声が出ていました。

真木「ちょっと待って、来たんですか?私の家に?4丁目だもん(笑)」

ここで真木さんの占いは一旦お休み。

また戻り山田さんの生い立ちへ。

山田裕貴脱皮前

星「一回目の山田裕貴は脱皮する前の初期。初期の場合は照れ屋さんです。スゴイ甘えん坊で寂しがり屋だし人見知りだったと思う」

山田「はいっ。甘えん坊です。はい。めちゃくちゃ人見知り。今人見知りって言っても誰も信じてくれない」

星「誰も信じてくれないでしょ?でも一回目の山田裕貴は人見知り。それで変人の星っていうのも出てて…」

山田「(食い気味に)変人です!」

山田裕貴第1の脱皮

星「分かっているならよかった。第1山田裕貴から第2山田裕貴になった時の状態は、99年9歳の時、ここが転機です。

自分の中で強くならないといけないとビビッと来て不安だし寂しいっていう感情から強い芯が入っている」

山田「じいちゃんが死にました。その年に。身内で誰かがいなくなった状態というのが初めてで」

星「9歳の時に何かを強く衝撃という形で吉凶混じる良いことも悪いことも」

山田「父がプロ野球選手だったんですけど、その年の中日ドラゴンのコーチをやっていて、家族的には中日ドラゴンズが優勝して優勝旅行に行っているんすよ。

ラスベガス、ロサンゼルスに。その途中でじいちゃんがやばいってなって途中で帰ってきた」

星「中一の時に何か本当は辞めたり手放したり」

山田「ううーー!僕も野球やってたんすよ。一回違うクラブチームに入りなおして、親が野球選手だから俺もならなきゃというプレッシャーがあった」

星「大きくは中3の夏以降にモテ期が到来する。山田さんって女だから男だからとか」

山田「(さっきよりも食い気味で)関係ない!!!!ヒト科の動物やろっておもいます」

野球やめて髪が生えてからバレンタインが0→7になったようで

「髪型でチョコをあげんな」

「心でチョコあげろや」

と熱く語っていました!

山田裕貴第2の脱皮

星「次の年にボロボロになっています。何かみちしるべなどあった?」

山田「高3の時に自分の高校が甲子園に出るんです。

僕は普通の生徒として応援に行ったけど、元々一緒に戦っていた友達がグラウンドで活躍しているのを見て涙止まらなくて、あっ俺は一回死んだんだと思ったんす。

自分で蓋したから野球の人生に。

スポーツだったら体格とかのせいにしがちだけと俳優だったら心の職業だからセンスとかねーだろと思って、全部自分のせいにできると思って養成所に入るオーディションをうけようと思ったのがその時です」

山田裕貴第3の脱皮

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

星「去年が本当はストレスなどが入っているから、精神がプッツンっていってもおかしくなかった」

山田「精神がプッツンってなる役だったんです」

舞台の役で精神がプッツンとなる役を演じたそうです。

星「役を演じたでしょ。精神がやばくなる役をやたんでしょ。精神がおかしくなる時期にそ
の役を演じたことによってあなたはプッツンしましたねになってる」

山田「役でやっちゃったってことですか?」

星「すごいよ。厄を落としたことになっている」

山田「ヤバっ。文化庁の芸術祭新人賞頂いたんです。すごい」

山田裕貴さん立ち上がって驚いていました!

真木よう子の生い立ち

 

この投稿をInstagramで見る

 

真木よう子(@yokomaki_official)がシェアした投稿

星「真木さんの過去ぐちゃぐちゃだ。5歳で結構ダメージが入ってて心の状態が変化する。9歳と11歳ですべてが終わる。リセットする。親離婚してる?」

真木「はい」

星「しんどかったという意味でも兄弟が守ってくれて愛情がすごく強く」

真木「そうですね。お兄ちゃんがすごい、兄弟同士で支えあっていた感じ」

星「今でもずっと一緒にいたり連絡しあったりしているでしょ?」

真木「グループラインでよく毎日ほぼふざけあってます」

星「中1中2で両親の状態がプッツン切れてリセットっていうのが入っているから」

真木「娘に絶対同じ思いをさせたくないっていうのがあって、だから結構早々に離婚したのはあるんですよね。

ずっと自分の大好きな父さんと母さんのもめている状態を私みたいに見せ続けられるよりは、もう離れてしまって娘が行き来した方が争いごとを見せるよりはいいかなって」

星「決断の星っていうのが天星術であってね、その年が1998年16歳の時。ここが人生の大きな決断」

真木「無名塾に入りました。うち貧乏だったのでお金がなかったので、母には相談していて女優になりたいと。

そしたら母が無名塾だったらお金もかからない。あとは役者を志す人がどれだけすごいか見てきなさい。というのオーディション受けたのが中3」

星「勉強きらいだね」

真木「大嫌いです!」

星「今では英語喋れるでしょ?」

真木「喋れる!独学で勉強して」

星「ストイックだから。あと破壊の時期というのが2回あって、2005年23歳の時が第1破壊の時期」

真木「20代は若者特有っていってしまえばそうなのかもしれないけど、なんで自分が求められてるの?真木よう子の何を知っているの?おっぱい大きいとかで評価されたくない。

やっぱり天邪鬼だから言われれば言われるほど嫌だ!ってなってた時期で一時期は女優辞めようと思ってたんですよ」

星「うん。2018年36歳。すべてのものをやり直そうって」

真木「あっ!前の事務所辞めた時ですね」

真木よう子の未来

星「再婚も入ってるからね」

真木「えっ??全然結婚したくないんですよ!」

星「だけど間違っちゃだめ」

真木「パートナーでいいんですよ。婚姻届け出したくないんです」

星「出さなくていい」

真木「じゃあいいや」

山田「ワハハ(笑)」

真木「そういう人来ます?」

星「くるくる。2022年の8月まで入ってるからはやければ2021年の4月くらいから出てくる。ここ3年子宝もでてるからね。女の子の気が入ってるからね♪」

真木「そうなんだ♪」

山田裕貴の未来

星「一個だけ間違えないでほしいのが来年2人出てくるけど髪が短いふわっとした感じの子、ちょっと背が低めの子、おっぱいはCカップくらい、色が白い感じのタイプ、年上、そういう子はあんまりよくない」

山田「そこに行かない方がいいってことですよね」

星「以上となります」

山田「特殊回でしたね」

スタジオトークに戻って

木村「特殊にしてるのはじぶんだよ」

みちょぱ「ワハハ(笑)」

水野「ものすごい前のめりでしたね」

木村「だってもうこうだよ」

みちょぱ「戦闘態勢」

みんなでまえのめりの姿勢になっていました!(笑)

「青のSP」番宣

真木「来週火曜夜九時から青のSPがスタートします!」

山田「日本には存在していない学校内警察制度を描いたこのドラマ。はたしてスクールポリスは生徒にとって正義の味方なのか」

真木「新感覚学園エンターテイメントをお楽しみください」

真木よう子×山田裕貴「青のSP」突然ですが占っていいですか?を見た人の反応は?

最後に、突然ですが占っていいですか?に真木よう子さんと山田裕貴さんが出演したことへのネットの反応を集めましたので、ご覧ください(^^)

青のSP(スクールポリス)は、1月12日夜9時スタートです♪

楽しみに待っていましょう!

山田裕貴さん出演の「突然ですが占っていいですか?」は見逃し配信で

\2週間無料キャンペーン/

FOD公式サイト⇒

突然ですが占っていいですか?を視聴

▲ 2週間以内の解約でタダ! ▲