グルメ

【ヒラマサとブリ】味の違いは?美味しいのはどっち?旬やおすすめの食べ方も解説!

【ヒラマサとブリ】味の違いは?美味しいのはどっち?旬やおすすめの食べ方も解説!

魚好きで料理好きなら、「ブリ御三家」をご存じでしょう。

カンパチは知っていても、ヒラマサのことは名前くらいしか知らない人もいるはず。

次のような疑問もでてくるのではないでしょうか?

  • ヒラマサとブリで味は違うの?
  • ヒラマサとブリではどっちが美味しい?
  • それぞれの旬の時期を知りたい!
  • おすすめの食べ方が知りたい!

そこで、ブリとヒラマサではどちらが美味しいのかを、寒ブリの本場石川県出身の私が
調理歴15年の視点で解説します!

また旬の時期や、美味しい食べ方も紹介。

両方天然ものとして考えた場合の比較であり、味の感想には個人差があります。

それでもブリ好きなら、十分参考になる記事になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

ヒラマサとブリの味の違いは?美味しいのはどちら?

ヒラマサとブリの味の違いは?美味しいのはどちら?
ヒラマサとブリはどちらも魚体が大きく脂の多いお魚で、味に大きな違いはありません。

しいていえば、次の点が異なります。

  • ブリはとろけるような食感。
  • ヒラマサはさっぱりした脂と、適度な歯ごたえ。

また、ブリの血合いはクセがあり苦手な人もいます。

一方ヒラマサはほとんど気になりません。

刺身に切り付けた場合、血合いから色が変わっていき臭みが出ます。

ブリは数時間で臭みがでます。

ヒラマサは1日たってもほぼ変わりません。

「結局どっちが美味しいの?」

ずばりどちらも美味しいです!

正確には、それぞれ美味しい食べ方があります。

「刺身ならさっぱりしたヒラマサが美味しい」

「焼き物にしたらブリの方が美味しかった」

という意見はよく聞きます。

両者の特徴がわかると、比べられなくなってきますよ♪

おすすめの食べ方の前に、旬の時期を解説しておきます。

ヒラマサとブリの旬を解説

ヒラマサとブリの旬を解説
ざっくり言うと、

  • ヒラマサは夏が旬。

九州など南部で比較的多く水揚げされる。

ブリに比べて漁獲量がかなり少ない。

季節によってそこまで味の変化がなく、年間通して美味しい。

  • ブリは冬が旬。

日本海側を中心に寒い海でよく獲れる。(氷見の寒ブリ)

夏場のブリは別物のように味が落ちる。

ですが産地によって時期が異なります。

例えば、冷たい日本海と温かい太平洋側、北と南などの条件で多少のずれがあります。

「ブリ御三家」と言われるブリ・カンパチ・ヒラマサの中で、養殖も含めて漁獲量が最も少ないのがヒラマサです。

そのためブリよりも高級魚とされ、高い値段がつきます。

夏は白身魚が少なくなるので、料理人には重宝されるんですよ。

居酒屋で「ヒラマサ刺し」なんて見かけたらラッキーです。

お待たせしました。

美味しい食べ方、紹介しましょう!

ヒラマサとブリのおすすめの食べ方

ヒラマサとブリのおすすめの食べ方
ヒラマサとブリそれぞれのおすすめの食べ方を紹介します。

ヒラマサは何と言っても刺身!

ブリより脂が少なく、身に弾力があるので刺身がおすすめ。

程よい脂の旨みとコリコリとした食感を楽しめます。

獲れたてはとくに弾力があるので、薄めに切るのがコツです。

焼き過ぎなければ、照り焼きでもいけます。

身離れがよく、ふっくらしています。

ブリはしゃぶしゃぶがおすすめ!

旬のブリは脂の乗りが抜群です。

熱を加えることで余分な脂が落ち、刺身ほどくどくなりません。

とろける食感の中にも、ブリ本来の美味しさを楽しんでください。

脂がのってますから焼き物にもピッタリです。

塩焼き・照り焼きどちらも美味しいですよ。

もちろん定番のブリ大根も外せません。

まとめ

ヒラマサとブリについて、味の違いと旬の違いを解説しました。

補足を加えてまとめます。

【ヒラマサとブリの違いまとめ】

ヒラマサ ブリ
ブリに比べて淡白
さっぱりした脂
脂のノリが抜群
身質 弾力がある
血合いにクセがない
身がとろける
血合いにクセがある
身の色 淡い白色 赤みがかっている
旬の時期
通年味が変わらない

夏は味が落ちる
おすすめの食べ方 刺身
寿司
照り焼き
ブリしゃぶ
焼き物
ブリ大根
食べごろな大きさ 5~7kg
大きすぎると味が落ちる
10kg
大きいほど良い

結論はどちらも美味しいお魚です。

希少なのはヒラマサですが、旬を外せないのはブリということになります。

とくにブリは今がまさに旬です!

ヒラマサでもブリでも、その時にしか味わえない美味しさをぜひ楽しんでください。

日本人に生まれてよかった~♪

楽天の人気商品「金太郎ブリ」だよ